厚生労働省 地域雇用活性化推進事業

メンバーシップ型orジョブ型

仕事の価値観について、大学生とディスカッションをしました!

これまでの日本の採用活動はメンバーシップ型の採用活動であると定義され、海外(特に米中)の採用活動はジョブ型であると定義されています。*メンバーシップ(仲間)という採用方法は「自社で勤めてくれる人」を探す。ジョブ型(プロジェクトベース)「プロジェクトに必要な人材を集める」という違いがあります。

メンバーシップを象徴するものとして、新卒の一括採用が挙げられます。新卒採用は中途採用に比べ、早期戦力採用。言わばポテンシャル採用とも呼べる、潜在能力(その人の可能性)をみて採用活動を進めるわけですから、中途採用の顕在能力(即戦力採用)とは大きく違うわけです。

リモートワークが変える未来

今日では新型コロナウイルスの第二波ともいえる状況が世の中を包んでいます。一度導入したリモートワークも緊急事態宣言解除に伴い、これまでの様に会社に出勤させるという「戻す」流れが多く見受けられました。この第二波到来により、再びリモートワークを押し進める企業も出てくるのではないでしょうか?

リモートワークでは、各個人の家に監視するカメラなど無い訳ですから、業務時間中の業務姿勢や生産性などを監視することが出来ないわけです。働いているスタッフそれぞれを信用し、出来上がった成果を見てその人の能力を測り、仕事のスキルを測る。と、いうようにその人が出した成果をベースに評価する必要があります。

これがジョブ型の特徴的な例です。これまでの雇用体制の潜在的な崩壊ですね。しかし、本来そうあるべきなのです。同じ仕事であっても1時間で終わる人と、1日掛掛かる人。前者より低い質でアウトプットする人でも一日中必死に仕事をしている(パソコンと向き合う姿勢)を評価されていたわけです。要するにアウトプットされた成果を見るというよりは、仕事をしている時間を見ていたということですね。

この時代が終わりを迎えています。少し時間は掛かるかもしれませんが、平均的な業務時間8時間とされている日本の労働環境がありますが、その時間縛りではなくなるのです。出勤して定時まで働いて遅刻はせず、休みもせず皆勤である。などということが評価されなくなる。ということですね。

これがジョブ型の雇用であり、本来あるべき姿ではないのか。と、個人的には思います。皮肉にも新型コロナウイルスが引き金となり、これまでの常識を覆そうとしていますが、それにより本質が浮き彫りになったとも言えます。この事態をチャンスと捉える人もいれば、ピンチなのにそのことに気づいていない。そんな人もいてビジネスマン・ビジネスウーマンとしては二極化の時代を迎えることとなりそうです。

遠い自分には関係の無い話ではなく、近い将来に自分自身が直面する問題であり、仕事におけるパラダイムシフトです。この期間を活かすも活かさぬも自分次第ということですね。

8月からスタートの講習会

これから大きく変化していく時代を生き抜くためには、これまでの常識を壊して再構築していかなくてはいけません。今回の講習会では店舗型ビジネスの常識を覆すニューノーマルと定義される店舗の在り方について、講師を招いてお話しして頂きます! 是非この機会のご参加ください。